パールセブンの思い出と10月12日火曜日の稽古

どうも。

「ぱちろりあん」です。

本日のパチンコ日記の表題が「パールセブンと〜」などとかなり大昔のパチンコ台の機種名になっています。

何故かというと特に意味はないんですが、本日の稽古の内容があまりパシッとしたものがなくてあまり書くことがなく、ふと昔好きだった機種でも書こうかと思った次第です。

では淡々と稽古を初め。

2021年10月12日の稽古は「P戦国乙女6」→「魔法少女まどか☆マギカ キュウべぇver.」と打ち回るもケもなし。

今日もきょうとて1パチコーナをウロウロ。

私のパチ屋出勤までに大当たり回数もイマイチな「P戦国乙女6」を見つけ着席。

直近も爆裂はなし。

1,000円までと決めて打ち出すが、回転はそこそこながらも特筆すべき展開もなく1,000円で手仕舞い。

もうちょと回転数に伸びがあればあと1,000円ぐらいという気持ちもあったが心動くものなしケもなし。

次に「魔法少女まどか☆マギカ キュウべぇver.」の台へ向かう。

スタート140回で終わってる台を見つけたので、回転よければ遊タイムまでぶっ込むつもりで稽古開始。

600円打ったところで熱い所へ連れていかれる。

おテテにすぽぽぽぽぽぽぽーーーはなかったが、サクッと大当たりゲット。

「魔法少女まどか☆マギカ キュウべぇver.」のRUSH突入率は53%ぐらい。

「P戦国乙女6」と同様、この頃は8割ぐらいの確率で突破しているのでそろそろ53%に収束しそう。

と思ったらやっぱり収束。

その後、持ち玉を投入したが復活せず。

残金400円も投入するかどうか悩んだが今日の稽古はここまでにしろと仏様がおっしゃるので本日の稽古はこれまで。

本日の収支:投資1,600円 回収0円。
マイナス1,600円で稽古を終える。

パールセブン(マルホン工業)の思い出

本日のようなケもなかった日に思い出すのが30年?ぐらい前のパチンコ機種「パールセブン」

どなたの動画かわかりませんが、ちょと適当にyoutube動画貼らせていただきます。

動画のコメント欄に「これはパールセブン2だ!」って書かれてますが、1なのか2なのかちょと判断できません。

で、なんで「ケもない日」にこの機種を思い出したかというとこのパールセブン、動画にもありますが1撃5,000発ぐらい出玉があります。(釘調整によっては2,000発だったり7,000発だったりもします。)

大当たり確率は240分の1。(400分の1ぐらいの記憶があったが間違いだった)

1回の大当たりで1万円以上ゲットできるので1発台仕様のデジパチです。(釘はガチガチ)

10ラウンドで5,000発だとすると、1ラウンド500発ぐらい。

私が好きな「咲-阿知賀編 99バージョン」や「魔法少女まどか☆マギカ キュウべぇver.」だと、RUSH突入せずに終わると3ラウンドで500発もゲットできない場合もありますね。

まあ、もちろんRUSHっていう機能があるので「咲」も「まどマギ」も波にのれば1万発オーバーも夢ではないのですが、パールセブンのようにとにかく当たれば1万ゲット!っていう当時のヒリヒリピリピリしたパチンコもちょとなつかしいなと思った次第でした。

コメント